P1020409.JPG
Fr.

TOMONORI OZEKI

Pianist et Enginieer du son

Tomonori OZEKi est Joueur de piano à Paris. Tomonori OZEKi joue pour tous types d'événements dans la région de Paris, Bruxelles et Japon. Tomonori OZEKi a joué pour de nombreux concert, événements d'entreprise, concerts- publics et privés... Il s'est également produit avec certains des plus grands noms de la musique au cours de concerts inoubliables.

DSC05653.JPG

À PROPOS 

 1988年岐阜県出身。

 菊里高等学校音楽科・東京音楽大学を卒業の後、2010年にフランスへと留学し、パリエコールノルマルとパリ地方音楽院にて研鑽を積む。その後2013年よりベルギーのブリュッセル王立音楽院(CRB)修士課程へと進み、優秀賞付きで同課程を卒業する。

 

 2015年からはブリュッセル王立音楽院(KCB)に籍を置いて古楽的なアプローチを学び、バロック・古典時代から息づく伝統の奏法をモダン演奏に活かす研究を続けた。

 

 現在は日本国内のみならず、海外でのソロリサイタルを毎年開催しており好評を博している。また、仏語レッスン通訳としての活躍や、録音技師として演奏会やコンクールの記録を担当する事を通して、クラシック音楽の普及と発展に貢献している。
 

 これまでに、在ベルギー日本大使館の大使公邸にて招待演奏をする他、マラガ国際音楽祭やニース国際音楽祭等、多くの国際音楽祭に参加しコンサートを行っている。室内楽においても、ベルギーラジオ局RTBF主催のMusiq 3音楽フェスティバルへの参加をはじめ、多数の演奏を引き受けている。

 

 ピート・クイケン、ヨハン・シュミット、ビリー・エイディ各氏に師事。

 


 

FR

Tomonori OZEKI est né le 3 Mars, 1988. Après avoir fini ses études à l'Université de Tokyo, il a suivi ses études à Paris pendant trois ans à l’école normale et au conservatoire à rayonnement régional de Paris dans cycle de perfectionnement.

Il rentre au Conservatoire Royal de Bruxelles en Masters et Diplomé avec distinction en 2015.

 

Il élargit son activité en Belgique, et joue dans des endroits tels que l'ambassade du Japon.

Il a étudié avec Billy Eidi, Johan Shumidt ainsi qu’avec Piet Kuijiken.

 

EN

Tomonori OZEKI was born on March 3, 1988. After finishing his studies at the University of Tokyo, he was educated in Paris for three years at Conservatoire à rayonnement régional de Paris in cycle concertist.

In 2015, he got Diplôme Master with distinction of Brussels Royal Conservatory .

 

It expands its career in Belgium, and played in places such as the Japanese Embassy.

He studied with Billy Eidi, Johan Schumidt and Piet Kuijiken.

ピアノ三重奏コンサート
When
12月28日 15:00
Where
Shibuya City,
14-3 Daikanyamachō, Shibuya City, Tokyo 150-0034, Japon

LEÇON DE PIANO

​​自立した演奏家を目指して

​ 現にピアノのレッスンでは、曖昧な言葉や表現が行き交う場合が多いように感じます。その抽象的な言葉の中から自分の力で体系的な土台を形作ることは、実は非常に難しい作業なのです。

 私はレッスンを通じて、楽譜の基礎的な読み方を徹底的に習得することによって、一人一人が自分の力で音楽を作る過程を習得することを目的としています。

​音楽家としての自立を目指す

​ 僕たちは何年もかけてピアノをどう扱うべきか、音楽はどうあるべきか、音をどのように聞くか等etc...
様々な事を学ぶ必要がありますが、いつかは先生のもとを離れて独りで音楽を作っていかなくてはいけません。いつまでも先生のもとにいては、一人のピアニストとして本当の自立はできないのです。

 しかし、いざ一人になった時。
 実は確固たる自信を持って音楽へと取り組めていないのではないでしょうか。それは、それぞれが自立する際に土台となる指針が確立されていないからに他なりません。

​​分からないを解決する

​フランスで3年 ベルギーで4年

 私は計7年間の留学生活を通して、2人の素晴らしいProfesseurと出会うことが出来ました。

 フランスで師事を仰いだBilly EIDI先生には、レガートを基本としたピアノのタッチを厳格に指導されました。また、ベルギーで師事したPiet Kuijiken先生のもとでは、バロック期から発展してきた楽譜の読み解き方を教え込んでいただきました。

 同時に、留学期間中には様々な先生と議論を交わし、音楽の在り方と文化を吸収してまいりました。そして今現在も欧州で毎年リサイタルを開催し、研鑽を積むことを続けています。

 この経験から多くの視点を以て、音楽家となるためのアドバイスを送ることが出来ると考えています。

P1030085.JPG

​ABOUT RECORDING

最高音質で残す

P1090153.JPG

​最高音質の録音

Un véritable succès

CD作成も実現できるほどの機材と、音楽家の耳で音源編集を行います。

​​映像も綺麗に残したい

Un accomplissement impressionnant

​ これまでにコンサートの撮影やインタビュー動画の作成等、多くの映像作品を作成してきました。
 

P1090739.JPG

​仏語​レッスン通訳

豊富な音楽知識と経験でサポート

 フランス語レッスン通訳では当然ながら、外国の先生が仰ることを理解しなくてはいけません。しかし『理解する』という事はただ単にフランス語が話せるだけではなく、その言葉の意図を、深い音楽の知識と共に理解できなくては成り立ちません。この音楽的な理解は、通訳の質に大きく関わってきます。

 またレッスン時に通訳を挟むと、直訳に徹する為に、言葉を伝える為に時間を大幅に割いてしまう場合があります。すると、せっかくのレッスン時間が短縮されてしまう結果に繋がります。

▼私はこの点に注意を払い、レッスンが滞らないようスムーズな通訳を心がけ、『先生の伝えたい意図』を的確に伝える事を心がけております。
 おかげさまで皆様からは、好評と信頼を頂いております。

​5000円 / 1時間

名称未設定キャプチャー0153_edited.jpg

PRINCIPES

独自の道を歩む尾関友徳が示すピアノ哲学。
録音から編集までのすべてを自身で監修した異色のアルバム。

ピアニスト・尾関友徳の自主レーベルからの第1弾! アーティスト自らのプロデュースによる、C.P.E.バッハとベートーヴェンをお愉しみください。
バロック期から古典派へ。時代の過渡期に活躍したC.P.E.バッハのギャラント様式による端正な作品と、その影響を強く受けながら、自身のスタイルの確立を目指すベートーヴェンの初期の作品。尾関友徳は両者から共通項を見出しながらも、様式も楽器も大きく変化していく時代を見据え、その特色を生かす中で豊かな表現を聴かせています。ロマン派の作品のように大きく歌うのではなく、あくまでも切れ味の鋭いタッチで作品を克明に描き出していくことで、ムダのない引き締まった音楽を生みました。
録音から編集まで自身で監修したという「こだわりの音」にも注目です。

tomonori-web.jpg

​Instagram

CONTACT

Merci pour votre envoi !

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
  • Instagram